Tomoyo BLOG

自由な時間と収入でワクワクする人生をデザインしよう!

4つの適性タイプで自分の成功パターンを知る

  • 成功者の真似をするのが近道?

成功の法則として「すでに成功している人を真似る」というのがあります。

自分で考えて進めるよりも、すで成功している人に学んで真似することが

成功するための近道です。

成功者と一言でいっても、色んなタイプの人がいます。

成功者であれば誰でもいいわけではないはず。

まずは自分の適性を知って、自分に合った成功パターンを理解すると

より成功へ近づく、近道になります。

また、人が成功するためには、一人だけでは難しいです。

仲間、パートナー、メンターや協力者、多くの人と成功を作り上げていきます。

特にビジネスパートナーとして、誰を選ぶのかは、成功への大きな要因です。

自分の適性を知り、相手の適性も知ることで

自分と相手の良さを相乗効果で大きくすることも、成功への近道です。

  • 4つの適性タイプを知る

では、自分はどのような適性があるのか、調べてみましょう。

億万長者専門学校のクリス岡崎氏による、4つの適性タイプ診断を紹介します。

まず、6つの質問に答えます。

自分の性格を知るためなので、日常生活の自分を思い浮かべて

2つのうちどちらが自分に近いかを、パッと選んでください。

選んだ項目には、A、B、C、Dの記号が付いているので、

6つの質問を終えた時に、それぞれの個数を記録しておいてください。

【6つの質問】

1問目 プロジェクトをするとき

(1)自分でアイデアをゼロから作り上げるタイプ   → A

(2)既にあるものを改善改良するのが好きなタイプ  → B

2問目 会議の雰囲気として

(1)リラックスして楽しめて、自由な意見交換ができる会議が好き → C

(2)参加者が事前準備して、ハイレベルで正しい結論を導く会議が好き → D

3問目 買い物に行く時に

(1)買い物に行く前にリストを作る、買い物を決めておくタイプ → B

(2)お店に行って、珍しいものがあれば買うタイプ → A

4問目 充実感と言えば

(1)新しい知識や体験、可能性を感じ、自分の価値を上げ続けたい → D

(2)誰かを幸せにすることに喜びを感じ人の役にたつことが生き甲斐 → C

5問目 お店で1か月後に買う予定の商品を発見したら

(1)見たらその場で買う   → A

(2)予定通り1か月後に買う → B

6問目 あなたの好きな仕事やゲームのタイプは

(1)チームの努力が大切な仕事やゲームが好き → C

(2)自分の実力が結果に反映する仕事やゲームが好き → D

質問は終了です。

A~Dはそれぞれ何個あったのか、記録してありますか?

A~Dのそれぞれの特徴は、

A:感情行動型

B:管理計画型

C:人間感動型

D:論理分析型

です。

それぞれの個数を、

グラフの上に点で記入してください。

その点を結んで、4エリアで一番大きな面積になったところが、あなたの適性タイプです。

  • 4つの適性タイプ

今のテストで、グラフが描けたら自分の適性タイプがわかりました

右上部分(A・C)が一番大きな面積だった人:タレントタイプ

右下部分(B・C)が一番大きな面積だった人:マネージャータイプ

左上部分(A・D)が一番大きな面積だった人:プロデューサータイプ

左下部分(B・D)が一番大きな面積だった人:スポンサータイプ

それぞれのタイプの特性を見ていきましょう。

★タレントタイプ(コミュニケーション型)

自分のあり方や表現力で、人を引っ張っていきたい人。

スター性、カリスマ性を持ち合わせていて、自分が輝いていたい。

コミュニケーションが得意で、人に好かれて、人前に出ることや話すことが好き。

イデア豊富で新しいことが好きで、物事を促進させるタイプだが、

飽きやすい一面もある。

★マネージャータイプ(シンキング型)

コツコツと努力して、予定を守る人。

コミュニケーション力にも優れていて、人を育てたり支援したりするのが得意。

自分のためよりも誰かのために頑張る方が輝けるタイプ。

人や物事をまとめる気配りができる人で、自己主張が弱い一面もある。

★プロデューサータイプ(アクション型)

分析が大好きで、アイデアで人を引っ張って行く人。

ビジネスモデルの構築も得意で、物事をどんどん進める行動力がある。

自己主張が強く、人に指示されることが嫌いなタイプ。

★スポンサータイプ(プランニング型)

物事を計画に進め、個性を大事にして、人から信頼・尊敬される人。

リスクや失敗を最小にするために見極めてから行動する。

忍耐強く、長期的な取り組みもコツコツと進めることができるタイプ。

  • ビジネスパートナーの選び方

自分の適性がわかったら、

それを補い向上させてくれるビジネスパートナーについても考えてみましょう。

チームでプロジェクトを進める場合に、

全員がタレントタイプだったらどうでしょうか?

楽しい雰囲気で、新しいアイデアがどんどん出てきて、企画は生まれそうですが

長期的な展望や充分な下準備が足りず、企画倒れで終わるかもしれません。

チームはバランスが大事なので、4タイプの人間が集まれば

それぞれの得意分野を活かして、足りない部分を補えあうことが可能です。

自分に合っているビジネス、仕事はどんなものなのか、

一緒にビジネスするのはどんな人がいいのか、

ぜひ考えてみてください。